「 東アジア歴史・人権・平和宣言行動」関連文献


「 東アジア歴史・人権・平和宣言」行動計画・事務局運営 問合せはウェブメールへ。 e-asia-hhpa2@excite.co.jp 
by e-asia-hhpa2
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 02月
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「宣言」Ⅱ 第一次案

「東アジア歴史・人権・平和宣言」Ⅱ(第一次案)

(2010年4月16日) 7.5修正 7.12アップ


Ⅱ 東アジアにおける「人種主義、人種差別、外国人排斥および関連のある不寛容(人種差別等)」の源泉、原因、形態、現代的諸現象

15 奴隷制と人道に対する罪

日本軍性奴隷制(従軍慰安婦)に代表されるように、東アジアにおける奴隷制と奴隷取引は、その耐え難い野蛮のゆえにだけではなく、その大きさ、組織された性質、とりわけ被害者の本質の否定ゆえに、人類史のすさまじい悲劇であった。奴隷制と奴隷取引は人道に対する罪であり、人種差別等の主要な源泉である。アジア人とアジア系人民、および先住民族は、これらの行為の被害者であったし、いまなおその帰結の被害者であり続けている。

16 植民地主義と人種差別等

東アジアにおける植民地主義が人種差別等をもたらし、アジア人とアジア系人民、および先住民族は植民地主義の被害者であったし、いまなおその帰結の被害者であり続けていることを認める。植民地主義によって苦痛がもたらされ、植民地主義が起きたところはどこであれ、いつであれ、非難され、その再発は防止されねばならないことを確認する。この制度と慣行の影響と存続が、今日の東アジアにおける社会的経済的不平等を続けさせる要因であることは遺憾である。

17 ジェノサイドと人道に対する罪

朝鮮半島における日本の植民地戦争に対して抵抗した東学農民、義兵、独立抗日軍に対する殺戮や、台湾原住民に対する系統的な抹殺政策、中国における三光作戦に代表されるジェノサイドは人道に対する罪であり、人種差別等の主要な源泉と現象であることを認め、これらの行為によって語られざる悪事と苦痛が引き起こされ、それが起きたところはどこであれ、いつであれ、非難され、その再発は予防されねばならないことを確認する。人道に対する罪が武力紛争時に行われることが多く、それが抗弁として持ち出されがちであることに留意し、武力紛争中であることが人道に対する罪の抗弁とならないことを認める。

18 同化政策と外国人排斥

植民地人民や占領地人民に対する差別政策や同化政策、さらには現代の移住者、難民、難民申請者など国民でない者に対する外国人排斥が、現代の人種主義の主要な源泉の一つであり、この集団構成員に対する人権侵害が差別、外国人排斥および人種主義の慣行の文脈で広く発生していることを認める。

19 人種差別等の促進要因

貧困、低開発、周縁化、社会からの排除、経済不均衡は、人種差別等と密接に結びついており、さらなる貧困を次々に生じさせる人種主義的態度と慣行の存続につながる。

20 人種差別等と武力紛争

東アジアにおける人種差別等が武力紛争の根源の一つであり、武力紛争の帰結として生じることが非常に多いことを認め、非差別が国際人道法の基本原理であることを想起する。

21 政治制度・法制度の問題点

住民が多民族・多文化・多言語であるのに、政治制度・法制度がそれに対応していない国家があり、多くの場合、先住民族を排除する差別の主要因となっていることに深い懸念を表明する。日本における先住民族の文化や言語に関する政策にもおなじことが当てはまる。

22 先住民族の定義

本宣言と行動計画で用いられる「先住民族」という用語は、2007年9月13日、国連総会で採択された「先住民族権利宣言」およびその作成過程、およびILO先住民族条約における用例に従う。

23 不処罰を終わらせる

人種差別等によって被害を受けた個人や集団の人権と基本的自由の侵害についての不処罰を終わらせる必要を確認する。国家に、人道に対する罪の実行者を捜査させ、訴追させ、処罰させることは市民社会の権利および義務である。

24 人種差別と現代的コミュニケーション

人種主義が根拠を得ている事実のほかに、人種主義・外国人排斥の現代的形態と現象が、ある種の政党や政治機関の綱領、人種的優越の観念に基づく見解の現代的コミュニケーション・テクノロジーによる散布によるなど、多くの方法で政治・道徳・法的認知を回復しようとしていることに懸念を表明する。

25 奴隷制の現在

アジア女性に対する強制労働や中国人研修制問題に代表されるように、日本の一部にいまだに奴隷制と奴隷類似慣行が存在している事実を強く非難し、重大人権侵害であるこうした慣行を終わらせるために優先事項として即座に措置をとる必要がある。

26 人身売買の被害

東アジアにおける女性と子どもの人身売買を予防し、これと闘い、廃止する緊急の必要を確認し、人身売買の被害者が特別に人種差別等にさらされていることを認める。



企画・全文

呼びかけ人

構成

2010年4月16日UP
宣言・前文(第一次案)2010年4月16日

宣言・Ⅰ 総論(第一 次案)

宣言・Ⅱ 原因と形態 (第一次案)  

宣言・Ⅲ 差別の被害者(第一次案)

宣言・Ⅳ 韓国併合と差別・其の一

宣言・Ⅳ 韓国併合と差別・其の二

宣言・Ⅳ 韓国併合と差別・其の三

「宣言および行動計画・構成案」  2010年4月18日アップ

6.24第一回公開検討会の案内


東アジア歴史・人権・平和宣言行動トップページに戻る
[PR]

by e-asia-hhpa2 | 2010-06-13 09:12
<< 総論・第一次案 Ⅳ 韓国併合100年における植... >>